商品カテゴリー

鑑定・買取サービス

各種許可

【古物商許可証】
第621032000652号
大阪府公安委員会
(平成20年1月18日交付)

【道具商】
第407号
大阪府公安委員会許可

【美術品商】

第407号 大阪府公安委員会許可

古宇多(無銘)(白鞘) 刀 (商品番号:01-1037)

販売価格 -
在庫状態 : 売切れ
売切れ
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀剣」鑑定書付
表 銘:なし 裏 銘:なし 時 代:南北朝
刃 長:70,6cm 元 幅:28,5mm 元 重:6.6mm
反 り:1.5cm 先 幅:21,8mm 先 重:4.5mm
目釘穴:1個 鞘を払って:916g 刀身のみ:783g
登 録:三重県教育委員会 昭和47年 5月

□解説 

01-1037 古宇多(無銘)(白鞘) 刀

身幅、重ね尋常、慶長磨上げで貴重で、長さも2尺3寸強と丁度良い。いかにも古刀らしい雰囲気のある一振。近年に砥がれ、手をかける必要は一切感じない。宇多とは、鎌倉末期に大和宇多村から越中へ移住してきた古入道国光を祖とする一派で、南北朝期以前の作を古宇多と称し、室町期の作を宇多と呼ぶ。当時としては、かなりの鍛冶集団をなしていたという。作風は大和伝を踏襲し、板目が流れ、柾がかかるものが多く、直刃が沸づいた互の目乱れで、鉄色が黒い。本作、無銘ではあるが、宇多の特徴が良く現れており、特別保存の鑑定が付いている。

地肌 板目、流れ柾交え、練れて、地沸つき、大模様な肌合を見せ、金味粘りあり強し。
刃紋 互の目、直刃調に頭を揃え、沸良くつき、小足・鼠足・葉入り、ほつれかかり、金筋入り、刃中の働き見所多く、刃味明るく冴えて古雅。
鋩子 直小湾れて、突上げ、掃けて、先尖り心の小丸。

お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。

※画像をクリックすると拡大できます
※より詳細な画像をご希望の方はご用命ください。メールにてお送りします。

01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037 01-1037
商品に関するお問い合わせ
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話 (必須)
FAX
住所  

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件  商品・在庫について 鑑定・買取について その他
商品番号
メッセージ本文
▲ページの先頭に戻る