商品カテゴリー

鑑定・買取サービス

各種許可

【古物商許可証】
第621032000652号
大阪府公安委員会
(平成20年1月18日交付)

【道具商】
第407号
大阪府公安委員会許可

【美術品商】

第407号 大阪府公安委員会許可

無銘 (飯田式軍刀外装) 脇差 (商品番号:10-099)

販売価格 -
在庫状態 : 売切れ
売切れ
珍品中の珍品 まぼろしの飯田式軍刀が入荷!
表 銘:なし 裏 銘:なし 時 代:江戸
刃 長:52,8cm 元 幅:29.4mm 元 重:5,6mm
反 り:0,8cm 先 幅:21,0mm 先 重:3,8mm
目釘穴:2個 鞘を払って:829g 刀身のみ:551g
登 録:石川県教育委員会 昭和44年 9月

□解説

10-099 無銘(飯田式軍刀拵付)脇差

身幅・重ね優しく、鎬やや高く、先延び心に、反り浅く、抜けの良さそうな体配を見せる添差で、1尺7寸を超える長寸。

地肌 板目、やや大模様に、流れ心を交え、練れて、詰み、地沸つき、金色明るく精美。
刃紋 互の目、湾れを交え、匂い深く、絞まり心に、小沸力強くつき、足入り、ほつれ・砂流しかかり、刃味明るく冴えて鋭し。
鋩子 焼深く、直に掃けて、先小丸。

特注型陸軍制式九八式軍刀(飯田式錠蓋付)

昭和13年、九八式と同時代の陸軍軍刀であるが、製作数が非常に少なくたいへん珍しい軍刀である。この軍刀は考案者の飯田国太郎氏が特許を取得し制式採用となった。本外装は基本的には九八式と同じで金具はすべて黄銅製で形も同じ、柄巻は諸捻巻、鞘は濃茶褐色の鉄製である。やはり、特筆すべきは特許を取得した錠蓋の付属した鞘で、鯉口にピタリと合う蓋が付いており、通常は鍔に差し込まれ駐爪のロックとなっている。尚、蓋をした状態ではカミソリ一枚入るスキ間も無く、駐爪はパチリとしっかり留まる。鍔と錠蓋内側、駐爪、切羽には共通番号「2104」が打刻されている。
とても珍しい軍刀で、しかも完品。現物は東京靖国神社の遊就館以外では見た事が無い。収集家の方には垂涎の逸品であろう。是非、この機会をお見逃しの無いようにして頂きたい。

お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。

※画像をクリックすると拡大できます
※より詳細な画像をご希望の方はご用命ください。メールにてお送りします。

10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099 10-099
商品に関するお問い合わせ
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話 (必須)
FAX
住所  

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件  商品・在庫について 鑑定・買取について その他
商品番号
メッセージ本文
▲ページの先頭に戻る