商品カテゴリー

鑑定・買取サービス

各種許可

【古物商許可証】
第621032000652号
大阪府公安委員会
(平成20年1月18日交付)

【道具商】
第407号
大阪府公安委員会許可

【美術品商】

第407号 大阪府公安委員会許可

粟田口一竿子忠綱(白鞘・拵付) 薙刀 (商品番号:11-033)

販売価格 -
在庫状態 : 売切れ
売切れ
第49回 重要刀剣
表 銘:粟田口一竿子忠綱 裏 銘:寛永三年二月吉日 刃 長:50,6cm
目釘穴:1個 反 り:3,6cm 全 長:262cm
元 幅:29,9mm 元 重:8,3mm 先 幅:33,8mm
先 重:5,7mm 時 代:江戸
登 録:兵庫県教育委員会 平成14年 10月

11-033 重要刀剣 粟田口一竿子忠綱 薙刀

□解説

粟田口近江守忠綱は、初代近江守忠綱の息子で、のちに二代目を継ぎ、一竿子と号した。
彼の作風は、その初期に於いて初代同様焼頭のよく揃った足の長い丁字乱れが多く、
後には互の目乱れや濤爛風の乱れ、されには直刃なども焼いている。
また彫り物を得意とし、刀身その物を損ねることなく、良く調和している。

この薙刀は、小板目肌のよくつんだ鍛えに、地沸が微塵に厚くつき地景が細かによく入り、
刃紋は直ぐに焼きだして、その上は互の目乱れに丁子風の刃・小のたれ等、が交じり濤爛風となり、
足よく入り、総じて匂深で沸くがよくつき、部分的に粗目の沸えを交えて叢付き相対に砂流がかかり、
小さく金筋が入るなどの出来打ちを表している。
鍛えは精緻であり加えて体配が健体であることも好ましい。
薙刀の作例は稀であり、彼の薙刀の作域を知る上に於いて資料的にも貴重である。

黒漆塗青貝微塵 雲龍文柄薙刀拵(保存刀装具鑑定書付)

石突 鉄地無銘/柄 雲龍図 黒塗青貝微塵塗 沈金/鞘 黒漆塗(後補)

お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。

※画像をクリックすると拡大できます
※より詳細な画像をご希望の方はご用命ください。メールにてお送りします。

11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033 11-033
商品に関するお問い合わせ
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話 (必須)
FAX
住所  

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件  商品・在庫について 鑑定・買取について その他
商品番号
メッセージ本文
▲ページの先頭に戻る