05-045猛禽図 縁頭 綾小路永峯 赤銅魚子地

05-045
在庫状態 : 在庫有り
¥300,000(税込)
数量
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀装具」鑑定書付
時代:江戸 銘:花洛住 永峯(花押)
頭(縦×横×高):33.0mm×17.0mm×9.6mm 縁(縦×横×高):39.2mm×24.5mm×11.3mm

綾小路永峯。江戸時代中期の金工師で、通称を次郎三。彫口は美濃後藤の彫技を基礎にし、縁頭の縁の小縁を厚手の金色絵に仕立てるのが見所。本作、目の詰んだ赤銅魚々子地に岩場にとまる鷹を見事に高彫する。鷹の躍動感あふれる表情は素晴らしく、岩や松の堂々とした枝振りで、その技量の高さが伺える。要所要所を質量感豊かに彫り、金色絵で彩り、力強くコントラスト華やかな縁頭で、金色絵した厚手の縁は得意とする所である。

※商品画像は、一点ずつ丁寧に撮影し可能な限り実物に近い色味や質感を表現するよう努力しておりますが、ご利用の端末や閲覧環境により若干異なって見える場合がございます。
あらかじめご了承いただけますよう、宜しくお願い致します。

05-045猛禽図 縁頭 綾小路永峯 赤銅魚子地

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
05-045 05-045 05-045 05-045 05-045 05-045 05-045 05-045 05-045 05-045 05-045

商品に関するお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
FAX
住 所

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
商品番号
メッセージ本文