01-372薩州波平安行 (白鞘・拵付) 短刀

01-372
在庫状態 : 在庫有り
600,000(税込)
数量
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀剣」合格しました
表 銘:薩州波平安行 裏 銘:なし 時 代:江戸
刃 長:7寸6分4厘 元 幅:30.0mm 元 重:7.5mm
反 り:なし 先 幅:22.4mm 先 重:6.0mm
目釘穴:1個 鞘を払って:409g 刀身のみ:260g
登 録:大阪府教育委員会 昭和 32 年 8 月

波平は薩摩国(鹿児島)の地名で、大和国から移住し薩摩に於いて平安から幕末まで約千年にわたり栄えた。その作風は薩摩の地が他の地方と遠く隔たった地域であった為に終始一貫大和伝を打ち、地鉄は板目に柾が流れる実戦向きの直刃で一時代古く見える古風な作風を伝えている。波平安行は鎌倉後期から代々続く波平を代表する刀工である。本作、身幅広く、重ねしっかりと、峰の中程を削ぎ落とした、俗に云う鵜の首造の短刀である。重ねはあるも手持ちは軽く、バランスも良い。頭を揃えた互の目乱れの刃中の働き見応え多く、古砥ぎではあるが鑑賞には充分、大きな疵・欠点は感じない。

【地肌】 板目、柾気を交え、練れて、詰み、地沸力強くつき、金味冴えて、粘りある精美。
【刃紋】 互の目、匂い絞まるも、沸を被せ、足入り、砂流し・湯走り激しくかかり、刃縁明るく冴えて鋭し。
【鋩子】 乱れ込み、掃けて、先火炎。

時代のある拵が付属し、手をかける必要は感じない。

※商品画像は、一点ずつ丁寧に撮影し可能な限り実物に近い色味や質感を表現するよう努力しておりますが、ご利用の端末や閲覧環境により若干異なって見える場合がございます。
あらかじめご了承いただけますよう、宜しくお願い致します。

01-372薩州波平安行 (白鞘・拵付) 短刀

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372 01-372

商品に関するお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
FAX
住 所

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
商品番号
メッセージ本文