商品カテゴリー

鑑定・買取サービス

各種許可

【古物商許可証】
第621032000652号
大阪府公安委員会
(平成20年1月18日交付)

【道具商】
第407号
大阪府公安委員会許可

【美術品商】

第407号 大阪府公安委員会許可

無銘(搭乗員軍刀拵) 脇差 (商品番号:10-137)

販売価格 : ¥150,000
在庫状態 : 在庫有り
数量
表 銘:なし 裏 銘:なし 時 代:江戸
刃 長:42.0cm 元 幅:29.5mm 元 重:5.3mm
反 り:1.0cm 先 幅:23.4mm 先 重:4.3mm
目釘穴:1個 鞘を払って:713g 刀身のみ:413g
登 録:大阪府教育委員会 平成 29年 7月

□解説

10-137 無銘(搭乗員軍刀拵) 脇差

非常に珍しい家伝の脇差を寸の短い搭乗員軍刀外装に入れたものである。身幅広く、重ね薄く、先少し延び心に、反り姿良い刀である。鎬に届くほどに焼刃高く、元先の差ほとんどなく、鎬やや低く、抜けの良さそうな体配で、試斬に真向き。古研ぎではあるが、特に気になる疵や擦れは見受けられない。

【地肌】 板目、流れ心に、練れて、地沸つき、金色明るく、粘りあるも、精美。
【刃紋】 互の目乱れ、尖り心に、匂い深く、小沸つき、刃中働きあり、刃味やや沈み心に冴えて、「用」の鋭さを感じる。
【鋩子】 小乱れて、突上げ、掃けて、先小丸。

搭乗員軍刀拵

陸海軍共に軍刀の長さは刃長62~3cm、拵全長は約1mである。しかし、飛行機、戦車、潜水艦等の搭乗員は戦闘居住空間に制約を受けるため、刀身に脇差を入れた規定にはない「搭乗員軍刀」を選択する者もいた。もともと特注の軍刀のため、今回のように家伝の脇差をいれたのであろう。本作、その珍しい保存状態もとても良い軍刀外装である。

お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。

※画像をクリックすると拡大できます
※より詳細な画像をご希望の方はご用命ください。メールにてお送りします。

10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137 10-137
商品に関するお問い合わせ
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話 (必須)
FAX
住所  

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件  商品・在庫について 鑑定・買取について その他
商品番号
メッセージ本文
▲ページの先頭に戻る