商品カテゴリー

鑑定・買取サービス

各種許可

【古物商許可証】
第621032000652号
大阪府公安委員会
(平成20年1月18日交付)

【道具商】
第407号
大阪府公安委員会許可

【美術品商】

第407号 大阪府公安委員会許可

正真(金房、もしくはとんぼ切りの三河文珠正真)(白鞘) 十文字槍 (商品番号:11-057)

販売価格 : ¥320,000
在庫状態 : 在庫有り
数量
研ぎ上がり
表 銘:正真 裏 銘:なし 時 代:江戸
刃 長:24.0cm 目釘穴:2個 反 り:なし 全 長:
元 幅:30.4mm 元 重:24.1mm 先 幅:25.4mm 先 重:5.3mm
登 録:愛知県教育委員会 昭和 54年 3月

□解説

11-057 正真(金房、もしくはとんぼ切りの三河文珠正真)(白鞘) 十文字槍

正真といえば、本多忠勝のとんぼ切りの刀匠、三河文珠正真が有名であるが、実存数がかなり少なくよくわからない刀工であり、金房の正真の同一人物とも言われている。金房は、あの福島正則の日本号の槍を鍛え、十文字槍でも有名な投稿集団であり、正真は、2字銘があることからもこの数代いる正真の一人であると考えられる。
姿も、江戸期に入っての画一的な小型の十文字槍と異なり、大ぶりで、けら首ものびやかで自由な形であり戦国期の十文字槍の特徴をよく示しており、本多忠勝や、福島正則、真田幸村といった武将に好まれた時代の十文字槍である
幅広く、戦国期の槍としては健全であり豪壮な十文字槍で、近年に砥がれ手をかける必要は感じない。

【地肌】 板目、流れ心に、練れて、微塵に詰み、地沸美しく、金色明るく精美。
【刃紋】 互の目、刃縁絞まるも、小沸つき、小足・葉細かく入り、刃縁明るく精美。
【鋩子】 小湾れて、突上げ、掃けて、先小丸。

お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。

※画像をクリックすると拡大できます
※より詳細な画像をご希望の方はご用命ください。メールにてお送りします。

11-057 11-057 11-057 11-057 11-057 11-057 11-057
商品に関するお問い合わせ
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話 (必須)
FAX
住所  

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件  商品・在庫について 鑑定・買取について その他
商品番号
メッセージ本文
▲ページの先頭に戻る