01-3029大和守安定(白鞘)脇差

01-3029
在庫状態 : 在庫あり
¥1,800,000(税抜)
¥1,980,000(税込)
数量
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀剣」鑑定書付
表 銘:大和守安定 裏 銘: 時 代:
刃 長:一尺九寸四分 元 幅:3.16cm 元 重:0.67cm
反 り:1.2㎝ 先 幅:2.5cm 先 重:0.5cm
目釘穴:1個 鞘を払って: 刀身のみ:608
登 録:静岡県教育委員会 昭和 26 年 4 月


姿  身幅広く重ね厚い、鎬高い、いかにももの切れしそうな豪壮な姿。
   打刀に迫る長寸。中切先やや詰まる。
地鉄 小板目よく詰み所々肌立つ。沸匂深い。地鉄明るく冴え、地景働き、沸が玉状に働く。
刃文 湾れに互の目交じり、足・葉入り、砂流し、金筋しきりに働く。
帽子 湾れこんで小丸に深く返る。
茎  生ぶ。筋違い鑢 差表に大和守安定と切る。茎味すこぶる良。

安定は新刀大業物として名高く、虎徹と並びそのすさまじい切れ味で刃味新刀随一と称され
広く知られております。試斬の名人である山野右衛門尉永久、山野勘十郎などの裁断銘が入った刀が数多く残されており、
これらの金象嵌銘が入った刀は特に価値が高く、多くの剣豪に愛用されました。

新選組の沖田総司が特に有名ですが、大石鍬次郎、戊辰戦争の遊撃隊隊長である伊庭八郎も愛用したと伝えられています。

生まれは元和四年(1618年)、従来は9割がた越前の出身とされてきましたが、近年紀州石堂鍛冶の祖と伝わる安廣との合作刀(脇差)
が出現したことにより、紀州の出自であることがほぼ間違いないとされるようになりました。

慶安元年(1648年)頃、安定は30歳前後で江戸へ出府し、和泉守兼重、越前康継あたりに師事したとされます。
江戸出府以降の作風には、紀州石堂派よりも兼重、康継の影響と思われるものが強く認められるようになり、
湾れに互の目を交え、湾が角ばるような出来のものが多く、次いで互の目を基調とした乱れ刃、稀に直刃調のものも見られます。

本脇差は、身幅重ねのしっかりとした非常に豪壮であり、一尺九寸四分(58.8㎝)と、打刀と言っていいほどの長寸です。
地鉄は小板目がよく詰み所々肌立ち映りごころ、湾れを主体とした刃文は焼き幅広く、匂口が冴えて潤むように明るく、
金筋、砂流し盛んに働くなど地刃健全。さすがは新刀随一の大業物と言うべき一振りです。

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
01-3029 01-3029 01-3029 01-3029 01-3029 01-3029 01-3029 01-3029

    商品に関するお問い合わせ

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須
    FAX
    住 所
    ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
    商品番号
    メッセージ本文