01-3032備州長■清光(白鞘)刀

01-3032
在庫状態 : 在庫あり
¥500,000(税抜)
¥550,000(税込)
数量
表 銘:備州長■清光 裏 銘: 時 代:
刃 長:67cm 元 幅:30.4㎜ 元 重:6.5㎜
反 り:2.6cm 先 幅:20.2㎜ 先 重:4.3㎜
目釘穴:1個 鞘を払って:—g 刀身のみ:552g
登 録:三重県教育委員会 令和 2 年 9 月


備前長船清光は勝光、祐定とともに末備前と呼ばれ、室町初期から末期にかけて活躍した刀匠で、
特に清光は鍛えの良さから多くの著名な武将から支持された。
清光と名乗る刀工は、孫右衞門尉、五郎左衛門尉、与三左衞門尉、彦兵衛、孫兵衞などが数名・数代に渡って存在したとされる。
本作は俗名は入っていないが、出来の良い優品である。

姿 鎬造、庵棟。鎬幅狭い。
地鉄 杢目。匂出来、沸良く絡む。地沸良く付き、地鉄精良。所々に墨肌交じる。
刃文 腰の開いた互の目が複式となり、僅かに丁字交じり。
   所々飛び焼きを交え、小沸良く付き、足・葉良く働き、刃が明るく冴える。
鋩子 地沸微塵に付き、湾れて小丸に尋常に返る。
茎 生ぶ、備前茎。勝手下がり鑢。
鎺 金着せ二重鎺

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
01-3032 01-3032 01-3032 01-3032

    商品に関するお問い合わせ

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須
    FAX
    住 所
    ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
    商品番号
    メッセージ本文