01-401越前國兼法(白鞘)短刀

01-401
在庫状態 : 在庫あり
¥400,000(税抜)
¥440,000(税込)
数量
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀剣」鑑定書付
表 銘:越前國兼法 裏 銘: 時 代:新々刀
刃 長:29.5cm 元 幅:2.82cm 元 重:0.58cm
反 り:—cm 先 幅: 先 重:
目釘穴:2個 鞘を払って: 刀身のみ:214g
登 録:岡山県教育委員会 昭和 50 年 11 月


兼法に出自については赤坂千手院系の奈良派とされ、明応八年紀の兼法が事実上初代とされる。
室町時代末期までの約百年間に5名の同銘工がある。
本作には越前国の居住地銘があり、慶長頃の兼法の作と思われる。江州下坂より越前に移り、
二代兼法の弟子、後に養子となったとされ、最も上手と評される。

姿 平造
地鉄 精良。地沸豊富につき、板目流れごころ。鎬地ややザングリとして流れる。
刃文 直刃湾れ。足入り、刃沸均一に良く働き、金筋を交えて明るく冴える。
鋩子 大きく焼き込んで小丸に返る。
茎 生ぶ、大筋違鑢、剣尻。
鎺 金着せ一重

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
01-401 01-401 01-401 01-401 01-401 01-401 01-401 01-401 01-401 01-401

    商品に関するお問い合わせ

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須
    FAX
    住 所
    ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
    商品番号
    メッセージ本文