01-407備前国長船祐光(白鞘)短刀

01-407
在庫状態 : 在庫あり
¥600,000(税抜)
¥660,000(税込)
数量
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀剣」 鑑定書付
表 銘:祐光 裏 銘:なし 時 代:室町
刃 長:26.6cm 元 幅:26.0mm 元 重:6.3mm
反 り:内反り 先 幅:21.8mm 先 重:4.1mm
目釘穴:2個 鞘を払って:297g 刀身のみ:205g
登 録:大阪府教育委員会 平成 27 年 5 月


應永祐光。俗名六郎左衛門尉祐光と思われる。勝光・宗光兄弟の親で、室町初期に活躍した長船を代表する刀工。
見幅広く、重ね厚く、寸頃合い。地刃ともに健全で、備前らしい地鉄を直刃に焼き、
表には摩利支天、裏には梵字の作者彫りと思われる古風な彫りが加わるいかにも室町中期らしい趣深いものである。

姿 平造、差表に摩利支天、差裏に梵字を彫る。
地鉄 板目流れ、錬れて詰む。地沸美しく、淡く映り気がたち、鉄味柔らかく粘りあり。
刃文 直刃。沸深く僅かに沸足入り、ほつれ、打ちのけ、喰い違い刃、
   二重刃交じり砂流し力強くかかる。刃明るく冴えて風情あり。
鋩子 乱れ込み掃け、先小丸で固く止まる。
茎 生ぶ、鑢不明。刃上り栗尻。
鎺 金着せ一重

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
01-407 01-407 01-407 01-407 01-407 01-407

    商品に関するお問い合わせ

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須
    FAX
    住 所
    ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
    商品番号
    メッセージ本文