03-415乃の字に猿図 鍔

03-415
在庫状態 : 在庫あり
¥50,000(税抜)
¥55,000(税込)
数量
銘: 時代: 重さ:92g
縦:8.0cm 横:8.0cm 厚み:4mm

鉄地に「乃」の字を透かし、猿を組み合わせた面白い構図です。
この構図について意味は明確になっておりませんが、
日本美術刀剣保存協会の発行する「刀剣美術」4月号に言及がありました。

〇手を伸ばす猿
代表的な画材は「猿猴捕月(えんこうほげつ)」。
猿が水面に映る月を取ろうとして落ちてしまう逸話から、
身の程を知り、分相応でありなさいという意味があります。
一方で、実物の月に手を伸ばす構図は、神社の絵馬などにみられ、決意や願いを表しているようです。
本作の「乃字鍔」では、鍔の丸形を月に見立て、その月に浮かぶ「乃」の字を取ろうとする猿を
表現しているのだと解釈できます。

〇「乃」の字について
乃は「すなわち」の意であり、同じ意味の「而」より内面的で深い気持ちをあらわすとされます。
乃字といえば「乃武乃文(すなわちぶ、すなわちぶん)」と文武両道を表す言葉があり、
これを一字で表現した留守模様と考えることもできます。

以上から、この鍔の画題は「文武両道を目指す、つかんでやる」という意味になるのではないかとの考察です。

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
03-415 03-415

    商品に関するお問い合わせ

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須
    FAX
    住 所
    ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
    商品番号
    メッセージ本文