11-080友重 薙刀

11-080
在庫状態 : 在庫あり
¥400,000(税抜)
¥440,000(税込)
数量
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀剣」鑑定書付
表 銘:友重 裏 銘: 時 代:室町後期
刃 長:42.3cm 目釘穴:1個 反 り:2.7cm 全 長:234cm
元 幅:28.3mm 元 重:7.7mm 先 幅:31.4mm 先 重:6.8mm
登 録:大阪府教育委員会 昭和50 年 10 月


友重は加州藤島の代表工であり、初代は来国俊の門人と言われる。
鎌倉末期から江戸期まで続いているが、室町応永期より時代の上る作はほとんど現存していないといわれる。
作風は地鉄が肌立ちごころで黒みをおび、刃文は互の目、箱刃、尖り刃などが交じり、
備前美濃、相州の三伝が混在した乱れ刃で、「角刃(つのば)」と称される角互の目の両角が尖る特徴がみられる。

本作は大振りの薙刀造りで、地鉄には地景が良く働き、関の白け映りごころが見られる。
また刃は互の目が角刃風となり、鎬に大きく湾れ込む様は相州伝を思わせる、非常に見どころの多い名作である。

姿:研ぎ上りで地刃ともに状態は最良。やや大振りの薙刀造、薙刀樋に添樋を掻く。
地鉄:地景働き良く沸えた小杢目。鎬柾、白け映りごころあり良く冴える。
刃文:互の目に角張った刃を交じえ、一部鎬にかかるほど大きく湾れる。
刃縁の沸匂深く、砂流し、金筋働き葉を交え、一部三日月状の沸がこごる。
鋩子:先掃き掛けて小丸に返る。
茎:生ぶ、切鑢。友重と銘あり。

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
11-080 11-080 11-080 11-080 11-080 11-080 11-080 11-080

    商品に関するお問い合わせ

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須
    FAX
    住 所
    ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
    商品番号
    メッセージ本文