01-2051播磨守藤原忠國 (白鞘) 脇差

01-2051
在庫状態 : 在庫有り
¥600,000(税別)
数量
日本美術刀剣保存協会「特別保存刀剣」 鑑定書付
表 銘:播磨守藤原忠國 裏 銘:貞享二年八月吉日以真鍛作 時 代:江戸
刃 長:47.4cm 元 幅:27.7mm 元 重:6.2mm
反 り:1.1cm 先 幅:22.9mm 先 重:4.8mm
目釘穴:1個 鞘を払って:527g 刀身のみ:453g
登 録:大阪府教育委員会 平成 25 年 11 月

忠國は新刀期の名工肥前忠吉の親戚にあたり、初名は広則。寛永11年に播磨大掾を受領し忠国と改名。身幅広く、重ね厚く、鎬やや高く、反り浅く、力強い添差。近年に研がれ手をかける必要は感じない。日刀保29年1月において「特別保存刀剣」に極められました。

【地肌】板目、杢を交え、良く詰み、地沸つき、金色明るく精美。
【刃紋】互の目、間を置く直刃かかり、飛焼・足盛んに入り、僅かに葉を見せ、刃味白く、深々と冴えて見事。
【鋩子】直に掃けて、先小丸。

01-2051播磨守藤原忠國

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
01-2051 01-2051 01-2051 01-2051 01-2051 01-2051 01-2051 01-2051 01-2051 01-2051 01-2051

商品に関するお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
FAX
住 所

※郵便番号はハイフン無しでご入力ください(例:5340022)
ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
商品番号
メッセージ本文