03-560吉岡清次 蕪に鼠図 鍔 赤銅磨地

03-560
在庫状態 : 在庫有り
¥75,000(税別)
数量
銘:吉岡清次 時代:江戸 重量:
縦:70.4mm 横:62.4mm 厚さ:5.9mm

吉岡家は後藤家、平田家と並び、早くから徳川家康のお抱え工として明治期まで反映した金工家です。
清次は吉岡家6代目を次ぎ享保頃に活躍しました。
本品は脇差用の小振りな鍔で、黒々とした赤銅磨地に蕪と鼠の家族を高彫し、
象嵌と色絵でアクセントをつけています。
時代と共の使用感はございますが、覆輪に雲の金色絵を施しており、
脇差の拵えとして映えるお品かと思われます。


03-560吉岡清次 蕪に鼠図 鍔 赤銅磨地

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
03-560 03-560 03-560

商品に関するお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
FAX
住 所
ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
商品番号
メッセージ本文