06-203干網に鶴図 割り笄 素銅地

06-203
在庫状態 : 在庫有り
¥80,000(税別)
数量
時代:江戸 銘:なし
長さ(横):213.0mm 幅:11.3mm 厚さ:3.0mm

素銅磨地に枯れ木に吊るした干網と一羽の鶴をそれぞれ片切彫で量感たっぷりに彫る。本作、細身の割り笄で、元来、笄は女性が髪を結う時に髪を掻き揚げて髷を形作る櫛のようなものであったが、男性の場合は頭が痒い時に髪型を崩さずに掻くなど、侍の身だしなみに欠かせない装身具として脇差に装着するようになった。


06-203干網に鶴図 割り笄 素銅地

縮小画像をクリックするとイメージが拡大します。お客様のPCの環境により画像の色具合などが実物と異なる場合がございます。
06-203 06-203 06-203 06-203 06-203

商品に関するお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
FAX
住 所
ご用件 商品・在庫について鑑定・買取についてその他
商品番号
メッセージ本文